FUJITO(フジト)のバッグ

昨年の秋冬シーズンからCotyleに仲間入りした『FUJITO(フジト)』から

ブランドを代表するデニムパンツに続いて

これまた雰囲気たっぷりのバッグが届きました。

まずはこちら、ボストンバッグ。

FUJITO (フジト) Boston Bag

FUJITO(フジト) Boston Bag

元々イギリス軍の遠征用バッグをモチーフにしていて

1~2泊ぐらいの旅行には充分な大きさ。

ミリタリーのアイテムをベースにしているだけあって

シンプルかつトップのジップなどは重厚な雰囲気。

さりげなく使われたレザーのパーツは上品さをプラスしています。

FUJITO (フジト) Boston Bag

このバッグのちょっと面白いポイントはここ。

底に2本のストラップが付いています。

FUJITO (フジト) Boston Bag

これは元々、スケートボードを差し込めるようにできたストラップで

自身のブランドの10周年記念スケートボードを製作するほどのスケートボード好きの

デザイナー、藤戸さんらしい遊び心。

とは言えなかなか普段スケートボードは持ち歩く方も少ないとは思いますので・・・

例えば折り畳み傘や暑くなって脱いだアウター、ブランケットなどを挿しこむのにも便利です。

スクエア型の無骨でそれでいて上品さもあるFUJITOらしいボストンバッグ。

荷物が少ない時でもペタンと折り畳むことも出来るので

ぜひ普段からガンガン男らしく使い込んでほしいバッグです。

FUJITO (フジト) Boston Bag

そしてお次はこちら、レコードショップバッグ。

FUJITO (フジト) Record Shop Bag

FUJITO(フジト) Record Shop Bag

その名の通り、レコードショップで使われているショップバックを

モチーフにしたバックインバック。

上部の内側にはストラップが付いているので手提げとしてはもちろん、

折り畳んで、クラッチバッグとして使うのもスマート。

FUJITO (フジト) Record Shop Bag

書類を少し持ち歩きたいとき、手荷物がポケットには収まりきらなかったとき、

もちろんレコードをもって出かけるときも。

サラッと持つだけで様になる、ユーティリティーなバッグです。

FUJITO (フジト) Record Shop Bag

どちらも素材にはしっかりとした厚みのある、

FUJITOの地元、福岡帆布の9号コットン帆布を使用。

がっしりとした生地感に更にパラフィン加工を施すことでより防水性も高く、

また見た目にも雰囲気が増し、使い込むことで現れる経年変化も楽しみな仕上がりに。

FUJITO (フジト) Boston Bag

デニム同様に使えば使うほどに味が出る、愛着が湧く。

男心をくすぐられる、魅力的なバッグです。

もちろん女性の方がサラッと持つのも素敵ですよね。

ぜひ一度ご覧ください。

Cotyle FUJITO(フジト)