c520注目の新ブランド!『Hender Scheme(エンダースキーマ)』が届きました! | Cotyle Blog

注目の新ブランド!『Hender Scheme(エンダースキーマ)』が届きました!

季節はまだ冬の入り口ではありますが、もう2018年の春夏コレクションアイテムがスタートしています。
しかも!新ブランドでございます。
2018春夏シーズンもたくさんの新しいブランドのアイテムを皆様にご紹介をする予定なのですが、その中からまず第一弾『Hender Scheme(エンダースキーマ)』のアイテムが届きましたのでご紹介します!

Hender Scheme(エンダースキーマ)

Hender Scheme(エンダースキーマ)は2010年、デザイナーの柏崎 亮氏によって設立された、レザーアイテムを中心としたプロダクツを生み出す日本のブランド。
プレミアムなレザーを使用したシューズの他、バッグや財布、名刺入れなどの革小物や、ベルトや帽子など、レザーの服飾雑貨などなど、様々なアイデアに富んだ革小物を展開しています。

Hender Scheme(エンダースキーマ)

Hender Scheme(エンダースキーマ)の名前

ここで先にブランド名『Hender Scheme(エンダースキーマ)』の由来についてご紹介します。

このブランド名は元々は『Gender Schema(ジェンダースキーマ)』という心理学用言からの造語。
GenderSchema(ジェンダースキーマ)は「男性的」/「女性的」というジェンダー(『性別』『性差』『性役割』)に基づいたカテゴリー化を行って物事を把握・思考する認知・行動様式のことを意味していて、その社会的性差(Gender)の分野に属する『デザイン』において、男女の性差にとらわれず『Gender』を超えて自由にデザインすることをブランドコンセプトにし、『Gender』の頭文字の『G』をアルファベット順に一つ超えた『H』にし『Hender』にすることによって先にも書いたブランドコンセプトの『ジェンダーを超える』を表現しているという訳です。

ちょっとなんだか難しい言葉が並びましたが・・・たとえばHender Schemeのアイテム、特にシューズはすべてのデザインにおいてメンズ、レディースサイズで展開していて、そんなところなどから、あ、性別を超えたプロダクトを生んでいるんだなぁ・・・
ぐらいの軽い気持ちで頭では考えていただいて、とにかく実際に見て、触れて、その良さを感じていただきたいブランド、アイテムです。

Hender Scheme(エンダースキーマ)のアイテム

そんなHender Schemeからはまず第一便。人気のベルトに、新型のキャップ。そしてシューズが2種類届きました。

Hender Scheme(エンダースキーマ) 2 tone cap

Hender Scheme(エンダースキーマ)

Hender Scheme(エンダースキーマ)

Hender Scheme(エンダースキーマ) tail belt

Hender Scheme(エンダースキーマ)

Hender Scheme(エンダースキーマ)

Hender Scheme(エンダースキーマ) neo strap

Hender Scheme(エンダースキーマ)

Hender Scheme(エンダースキーマ)

特にこちらオマージュラインのヌメ革製シューズ『manual industrial products 15』。

Hender Scheme(エンダースキーマ)

Hender Scheme(エンダースキーマ) manual industrial products 15

Hender Scheme(エンダースキーマ)

Hender Scheme(エンダースキーマ)

本当にクォリティが高くて、素晴らしいです。
もうぜひ実際に店頭でご覧いただきたい、触れていただきたい、Hender Schemeを代表するアイテムです。

一つ一つはまたじっくりとご紹介するとして、まずは序章ということで、Hender Scheme(エンダースキーマ)についてご紹介をしました。
このアイテムたちはもちろん、今後もぜひご期待ください。

Hender Scheme(エンダースキーマ)

→Cotyle Hender Scheme(エンダースキーマ)のページへ