woolを身近に。

今日も肌寒いかと、しっかり防寒していたのですが、

お昼間は暑くて羽織を脱ぎ、結局夜まで出番はなくハンガーにかかっていました。

とはいえ、やっぱり11月も半ばになってくると、寒さも本格的になってきそうなので、

寒くなる前に、早めの準備!

毎年そう思っているけどなかなか…寒くなってからじっくり考えようかな

という方もきっといらっしゃるだろうと。

冬物はもうちょっとだけ先に考えることにして、ちょっぴり視点を変えて、

冬小物からスタートするのもおすすめです。

Lin francais d’antan(ランフランセダンタン) Carol (キャロル) Wool

今年の春夏でも麻素材で展開していたLin francais d’antan(ランフランセダンタン)の

Carolの秋冬woolバージョン。

なめらかで上質なウールを使用。バッグといえども、手に触れることが多いので、

肌さわりにもこだわりたいところ。

持ち手を幅広くし、持ちやすくショルダーとしても収まりのいい、

大きすぎず、小さすぎずの便利なサイズ感。

肩からもかけられる長さも嬉しいポイントです。

そして、おしゃれは足元から、あたためるのも足元から

ということで、毎年人気のNorwegian Style (ノルウェイジャンスタイル )からは、

ふわふわ、あったかソックス。

Norwegian Style(ノルウェイジャンスタイル) Solid Sox

今シーズンはシンプルなワントーンのカラーリングでご用意。

伸ばすと充分な長さがあるので冬場の足元にぴったりです。

シンプルながらも、一度履くとやみつきになるあたたかさ。

冬ならではのちょっとした贈りものなどにもおすすめです。

ウールといえば、ニットやコートを思い浮かべがちですが、

ソックスやバッグでもウールで。ウール素材を取り入れるだけで、

見た目もあたたかさも、格段にアップします。

秋冬ならではのwool素材。今から春先まで、長いおつきあい。

ぜひ、小物もチェックしてみてくださいね!

Cotyle_Lin francais d’antan

Cotyle_Norwegian Style 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする