白浜でショートトリップ気分(前編)

先日のお休み、ちょっと癒しを求めて、田辺市のお隣、白浜の温泉へ行ってきました。
白浜と言えば温泉、白良湯、崎の湯、数々あれど、今回はちょっと趣向を変えてこちらのホテルの温泉へ。

白浜温泉 浜千鳥の湯 海舟!

海舟さんと言えば白浜ではちょっと贅沢なホテル。
実はこのホテル、お風呂だけでも入ることができます。

ただお風呂に入るにはこちらが必要。
白浜温泉湯めぐり札。

これは裏にシールが5枚貼り付けてあり、1800円(税込)でこの札を買えば、加盟ホテル・旅館・外湯(崎の湯・牟婁の湯・白良湯)の17施設の中からお好きなお湯をめぐることができるそうな。

詳しくはこちらからどうぞ
海舟さんではシールが二枚必要。

ではいざホテル内へ。

やっぱりキレイですね~。
スタッフの方に案内されてお風呂へ。
この長い廊下を歩いて・・・

お風呂に到着。

中へ入ってしばらく歩くとお風呂用の服、湯あみ着が置いてあります。

どうしてお風呂に入るのに服?

と言いますのも実はこちらでは普通の男風呂、女風呂以外に、混浴の露天風呂があるのです!
け・・・決してこれが目的なわけではないですよっ。

こんな感じで男女それぞれ湯あみ着を着て入るわけです。

でもせっかくね、せっかく来たので行ってみましょうという事で進みます。

男風呂と女風呂の入り口を過ぎると・・・

外へ出る扉があり

そこを出ると雰囲気のある長い階段。下ります。

途中貸切風呂などがある横を通り過ぎ・・・
ひたすら下ります。

すると一番下に露天風呂があります。

男女分かれた更衣室で先ほどの湯あみ着に着替えて外の露天風呂に入るという訳です。

もちろんここからは撮影禁止。。

意気揚々と露天風呂へ入るも、お気づきの方もいらっしゃるでしょう。
外はあいにくの雨!
雨の中、露天風呂に入ろうなんて人、我々以外にいるはずもなく。。

べ・・・別に期待してた訳じゃないですけどっ
ちょっと(?)残念な気持ちを噛みしめながら、雨の降る露天風呂を独占、満喫させていただきました。

お風呂のすぐ下はもう海。昼間や天気の良い夜はきっと気持ちいいこと間違いなしですよ!

そんなこんなで露天風呂の後は、男湯でゆっくりと。
ほっこり温まったあとは、次のお楽しみ、晩御飯へ!

晩御飯も白浜ならでは、ローカルなお店へ行ってきましたので、来週の後編をお楽しみに!

白浜温泉 浜千鳥の湯 海舟

住所 :和歌山県西牟婁郡白浜町1698-1
営業時間 :混浴露天風呂
15:00~24:00/5:00~10:00

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする