PORK PIE HAT(ポークパイハット)って何?

秋冬のコーディネート、洋服にボリュームが出やすい時期なので、コーディネートをまとめるのに必須アイテムと言えばやっぱり帽子。

先日Cotyleの帽子と言えばの『DECHO(デコー)』から新型のPORKPIE HAT(ポークパイハット)が届きましたのでご紹介。

DECHO(デコー) PORK PIE -CORDURA RIP-

素材にはナイロン混紡糸を高密度に織り上げたリップストップ生地を使用。
素材にこだわるTEXTILE LINEからの登場という事で、ナイロンは強度があり、摩耗に強いコーデュラナイロン素材を採用。
軽くて薄手ながらとっても丈夫なハットです。

DECHO(デコー) PORK PIE -CORDURA RIP-

PORKPIE HAT (ポークパイハット)って?

ところでポークパイハットってたまに聞くけどなんなのよ?
なんとなく形は分かるけど、どういう帽子を指すのでしょう?

ポークパイハットの特徴は、クラウン頂上部分の平らな部分の周りに溝があることです。

DECHO(デコー) PORK PIE -CORDURA RIP-

ポークパイハットは19世紀の中ごろからイギリスの紳士達に愛用されていて、1930年代、1960年代にそれぞれ大流行し、長年にわたって「イギリス紳士ならば必ず持っている」と言われるほどでした。
それ以降は、70年代のイギリスパンクから続いた80年代のネオモッズブームの時にも流行、現在でも人気の帽子の一つです。

DECHO(デコー) PORK PIE -CORDURA RIP-

シンプルな形でカジュアルにもキレイ目にも男女問わず色々なスタイルと相性よく合わせやすいというのも人気の理由。

PORKPIEって?

ではそもそもPORKPIE(ポークパイ)ってどういう意味?
文字だけ見るとなんか美味しそう・・・ですよね。

でもその通り、イギリスの料理「ポークパイ(中に豚肉のミンチが入ったパイ)」に見た目が似ていることからつけられた名前だそうです。

ちなみにポークパイとはこんな料理。

DECHO(デコー) PORK PIE -CORDURA RIP-

パイの上部の周りの溝がポークパイハットのクラウン上部の周りの溝に似ていて、お皿に乗った姿はまさにポークパイハット(!?)

今回やってきたDECHOのポークパイハットは形はシンプルなポークパイハット型ですが、あえてクラウン部分が高くなっているので、少し余らせて、余った部分を潰してアレンジができます。

DECHO(デコー) PORK PIE -CORDURA RIP-

視界が広く、とても被りやすいハットで、カジュアルにはもちろん、トラッドなスタイリングにも対応。

DECHO(デコー) PORK PIE -CORDURA RIP-

DECHOらしく、コーディネートにも馴染みやすいカラーや素材感、デザインで、色々な使い道がある便利なハットに仕上がっているのでぜひ実際に被ってみてください!

DECHO (デコー) PORK PIE -CORDURA RIP- / ポークパイ コーデュラリップ