SUP in扇ヶ浜

先日、久しぶりにSUPしてきました。

日頃の運動不足解消に少しでも運動しようと。

久しぶりといっても、今回が2回目。

前回は、風が強く波も高めで、

思い通りに進めなかったり、SUPから落ちたり、、

散々な結果でした。

今回は、風もそこまでなく、波も穏やか。

カンカン照りでもなく、ちょうどいい感じでSUP日和。

「SUPって何!?」

という方に。私もまだまだ勉強不足ですが、

ちょっぴりご説明しますと、

SUP:Stand Up Paddle(スタンドアップパドルボード)の略。

サーフボードの上に立ち、パドルで漕いで水上を散歩するアクティビティです。

ハワイが発祥で、大きなサーフボードに乗り、船のオールを使って

立ち漕ぎしていたのが始まりとされているそうです。

伝説の大波乗りたちが海でのトレーニングのために

SUPを使い始めたことから話題を呼び、

今では世界中で人気急上昇中のウォーターアクティビティに。

「SUPの楽しみ方いろいろ」

トレーニングはもちろん、水上散歩だけでなく、

SUPの上でヨガを行うSUPヨガなども人気です。

愛犬と一緒にSUPで水上散歩をしているシーンなども見たことがあります。

のんびりコーヒーを飲んだり、釣りを楽しんだりと、

水上での過ごし方は本当にさまざま。

年齢関係なく、気軽に楽しめるのがSUPの良いところです。

「SUPを楽しむ前の準備!」

サーフボードといっても、空気を入れてボードを形成する

インフレータブルのサーフボードなので、持ち運びも容易にできます。

全貌が写っていないので、わかりにくいですが、

空気を入れる前は、折りたたまれていて、こんな感じです。

これを広げて、電動ポンプで空気を入れていくと、

あっと言う間にボード状に形成されていきます。

ある程度空気が入り、そのあとは適度な空気圧になるまで手動でいれていきます。

これが、意外と大変で、全体重をかけて屈伸運動のように、何度も何度も。

SUPをする前に、体力を奪われかけました。

駐車場から海まで

身長よりも長いSUPを海まで運びます。

「いざ海へ」

スタートから数分は、感覚をつかむまで必死。

前回は、海に落ちたので、今回は慎重です。

やっと感覚をつかみ、少しずつ沖の方へ進んでいきます。

立って漕ぐまでにはまだまだ至っていない状態。

「感覚が掴めてきたら!」

はじめは、なかなか沖の方に出てこれずに苦戦していたsaorinでしたが、

徐々に慣れてきてからは、SUPの上に立つことができていました。

やっぱり20代は、のみ込みが早いですねー。

わたしも負けていられないと、勇気を振り絞り、

立つことに成功しました!

残念ながら写真はなかったのですが、ちゃんと進むこともできました。

が、まだまだ体幹を鍛えないと、と実感。

翌日には予想通り、筋肉痛が待っていました。

「SUPで気分転換」

水上散歩も楽しみましたが、

立ち膝の状態で漕いだり、寝そべってみたり、ぼーっとしたり、

程よく運動不足解消と気分転換ができました。

今度はもっとチャレンジ&リラックスして楽しみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする