春のちょっぴり上品でクラシカルコーデ

ゴールデンウィーク明け、

9連休を過ごされたという方も。

長いお休みを思う存分満喫!からのお仕事。

ココロもカラダもなかなか切り替えられない…。

なんてお話もちらほら。

5月中盤にさしかかってまいりました。

がんばっていきましょー!

あたたかい日もあれば、肌寒い日もあって、

晴れの日もあれば雨の日もあって、

朝晩とお昼間の気温差もあったり、

なかなか安定しない気候です。

半袖にはまだ少し早いかなという今の季節は、

薄手のシャツが重宝します。

とうことで、夏場でもおすすめのブラウスコーディネート。

Veritecoeur(ヴェリテクール) ラグジュアリーレースブラウス

日本製のコットンレースを配した贅沢なデザインが特徴的のブラウス。

後ろ身頃はボタンでアクセント。華奢なレースが女性らしさを引き立たせます。

甘くなりすぎず、クラシカルで品のあるデザイン。

ふっくらと空気を含んだ軽やかな着心地がポイントです。

そして、

ブラウスに合わせているのはスカート!ではなくキュロット。

HARVESTY(ハーベスティ) カルメンキュロット

身長154cmのCotyleスタッフterumin

足首が少しのぞくレングスで、すっきりめのシルエットのブラウスと

バランスよく着用できます。

なんといってもウエストがゴムなので、穿き心地抜群。

ベルトループもついているので、お好みの位置で着用いただけるのもポイントです。

ベージュとブラウンの中間くらいの絶妙なカラーも◎。

今から夏まで長くお楽しみいただけるアイテムコーディネート。

ブラウスはブラックの他にキナリ、

キュロットはモカブラウンの他にベージュとネイビー

そして、デニム素材もご紹介しているので、

ぜひそちらもチェックしてみてくださいね!

Cotyle_Veritecoeur

Cotyle_HARVESTY

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする