ついにParabootがやってきました!

フランスのレザーシューズ、Paraboot(パラブーツ)がついにCotyleに仲間入り!

Cotyleのレザーアイテムと言えばOPENして間もないころから展開している『STYLE CRAFT』にカジュアルなところで言えばフランスのKLEMAN、そして人気の高いiroseの革小物、そしてそして今季より仲間入りした『Hender Scheme(エンダースキーマ)』に『ITTI(イッチ』・・・
数え上げればもっともっとあるのですが、代表するのはこんな感じでしょうか。
そんなそんなCotyleのコーディネートの足元を支えるのにとても強力な見方がさらに加わりました。

僕も実際に履いていたこともあり、ずっと取り扱いたかったこのブランド。
そう、フランスからやってきました『Paraboot(パラブーツ)』です!

paraboot(パラブーツ)

Paraboot(パラブーツ)とは?

さてそれではまずParaboot(パラブーツ)についてご紹介します。

Parabootの由来

Paraboot(パラブーツ)は1908年にフランスにてレミー・リシャールポンヴェール氏が開いた小さな靴工房が元となったフランスを代表するシューズブランド。
パリの上流階級から労働者や登山家まで、幅広い顧客層から支持を集めていた靴職人のリシャールポンヴェール氏。
1926年にアメリカへ渡航。このときアメリカ人が履いていたラバーブーツに可能性を見出し、帰国後ゴム底の靴を開発。
ゴム素材にブラジルのパラ(Para)港から直輸入した天然ラテックスを使用したことから「パラブーツ(Paraboot)」のブランド名が名付けられたと言われています。

paraboot(パラブーツ)

大人になったらパラブーツ?

そんなことから生まれたパラブーツ。頑丈で快適な履き心地を約束するラバーソールのパラブーツの靴は、まず軍人、消防士、登山家など究極の機能性を必要とする人達の間で強い支持を受け、その後、タウンシューズとしても一般の愛好家に広く知られるようになりました。

そんなこんなで創業から100年を越える現在では世界でも指折りのレザーシューズブランドへと成長。
とりわけ母国フランスでの評価は絶大なもので『大人になったらパラブーツを履け』と伝えられるほどに、一つの文化として深く根付いているブランドです。

paraboot(パラブーツ)

世界で唯一。自社でラバーソールを製造する靴ブランド

ヨーロッパ各国ではまだまだ木製や革製のソールが当たり前だった1926年、突如として現れたパラブーツの革新的なラバーソールが人々を魅了。

ラバーソールを自社で製造するメーカーは世界で唯一パラブーツのみ。先にもご紹介した天然ラテックスを100%使用。独自のゴム合成法で作られたソールは発祥から100年が経つ今なお健在であり、その堅牢性と実用性はフランス海軍指定の軍靴となるほど。

こちらがその世界で唯一自社で制作されるパラブーツのラバーソール。ソール部分にはレミー・リシャールポンヴェール氏のイニシャルRPの文字が刻印されています。

paraboot(パラブーツ)

パラブーツ伝統の『ノルヴェイジャン製法』

パラブーツがそのように支持されているタフな作りの理由はラバーソールだけではありません。実はその製法にもあります。
それがノルウェーなどの北欧の地で、寒さや雪による浸水から守るため発達した技法『ノルヴェイジャン製法』です。

paraboot(パラブーツ)

太い糸で垂直・水平それぞれの方向に縫い付けるこの製法は、高い防水性とパワフルな外観が特徴で、とても難易度が高く、扱えるメーカーは少ないのですが、創業時に登山靴を専門としていたパラブーツはこの製法を世界トップクラスのレベルで扱うことができたというわけです。

paraboot(パラブーツ)

フランスの宝石『リスレザー』

パラブーツの魅力はソールだけではもちろんありません。パラブーツの製品の多くはアッパー部分にリスレザーという革を使用。

リスレザーはパラブーツが独自で鞣した革で、多量の油分を含んでいるので、水にとても強く、多少の雨に打たれてもシミになりにくいという特性があります。
このリスレザーは独特なしっとりとした美しい光沢があり、その外観から『フランスの宝石』とも呼ばれています。

paraboot(パラブーツ)

paraboot(パラブーツ)の代表作『CHAMBORD(シャンボード)』

さて、最後になりましたが、今回まず最初にCotyleに届いたモデル『CHAMBORD(シャンボード)』をご紹介。

paraboot(パラブーツ)

このシャンボードはパラブーツのまさにアイコン的存在で、1920年に原型となるモデルが開発されて以降、今日に至るまで世界中から人気を集めるフランスの誇りとも言える革靴。

登山靴の木型を元に作られたこのUチップシューズは、先ほどご紹介したリスレザーをアッパーに使用。元々リスレザーはシャンボードの為に開発されたとも言われています。

独自開発のPARATEXラバーソールをノルヴェイジャン製法で縫い付けている。まさにパラブーツの技術力を結集した一足なんです。

paraboot(パラブーツ)

その耐久性はもちろん形もシンプルで、スラックスやジャケットなどキレイ目なスタイリングにはもちろん、デニムやチノ、カーゴパンツなどカジュアルなパンツにも、その程よいボリュームがバランス良く足元をまとめてくれる、本当に万能な革靴。

paraboot(パラブーツ)

一度履いたらもう手放せない、一生愛せる革靴ですので、ぜひこの機会にparaboot、そしてCHAMBORD(シャンボード)を手に入れてみてはいかがでしょうか。

>>Cotyle Paraboot(パラブーツ)のページへ