このロゴどこだ!?

突然ですが、皆様、このロゴ、このブランドご存知でしょうか??

CANTERBURY (カンタベリー)

どこかで見たことあるような、無いような。

正解はこのロゴ、『ラグビー』のユニフォームなどをメインに展開する『canterbury(カンタベリー)』というブランドのロゴです!

そう言われると見たことありますよね?

ほら、2015年のワールドカップでは南アフリカ代表との劇的な勝利や、五郎丸選手でも話題になったラグビー日本代表のユニフォームも

CANTERBURY (カンタベリー)

canterbury(カンタベリー)のロゴが入っています。

まずは簡単にcanterburyについてご紹介。
canterburyは1904年、ニュージーランドで誕生したラグビーブランド。
小さな羊毛工場を営むジョン・レーンが、ラグビー好きの友人に依頼されラグビージャージを作ったことがキッカケとなり、その卓越した頑丈さ・着心地の良さが評判となり、1924年からNZ代表チームのユニフォームもサポート。

世界最強の国となったNZラグビーの発展とともに、カンタベリーのラグビージャージも著しい進化を遂げていくことになりました。
コンセプトは一環して「The World Toughest Active Wear(世界一タフな活動着)」。
ラグビーの歴史のそばには、常にカンタベリーがあったと言っても良い程、ラグビーというスポーツに密接したブランドなんです。

そのcanterburyから今シーズン、コチレにブランドを代表するラグビージャージが届きました!

CANTERBURY (カンタベリー)

こちらはカンタベリーが登録商標を持つ『RUGGER LOOP (ラガーループ)』という素材を使い、その素材が登場した1970年代後半のニュージーランドのクラブチームをモチーフにしたカラーリング。カフスやラバーボタン、ブランドネームの織り方なども当時のディティールを復刻したというもの。確かに今の進化したラグビージャージと比べるとクラシックでシックな雰囲気。

ちなみに余談ですが僕は高校生の時にラグビー部に所属していまして。
もちろん、当時からこのカンタベリーのウェアやグッズは実際に使っていたり、憧れだったりという物でして。

20数年を経た今、改めてラグビージャージ、しかもカンタベリーのラグビージャージに袖を通すことができて、感動もひとしおでございました。。

CANTERBURY (カンタベリー)

自然と背筋が伸びるような・・・(気がしました)

ラグビーファンの方はもちろん、そうでない方も、意外とコーディネートの幅も広い、使えるアイテムですのでぜひこの秋はラグビージャージのコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか!?

また今回はこのラグビージャージ以外にも、女性の方にもオススメのバッグなども届いております!
ラグビーブランドならではの生地を使ったバッグなどもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

CANTERBURY (カンタベリー)

Cotyle canterbury