リネンの魅力を再発見!夏を快適に過ごしましょ

梅雨の中休みで、今日は快晴の田辺です。

ここ最近、朝晩肌寒くてびっくりしてしまう日もあったり、

これからの季節、湿度が多くムシムシ、かと思えば空調のききすぎた空間、

温度変化にカラダがついていけない時もよくありますよね。

温度差で体調を崩さないように気をつけなければと思う今日この頃。

羽織りものや巻物などを上手に活用して、快適に過ごしたいですね。

夏を快適に過ごすために必要なものとは?

夏といえば、半袖、ノースリーブ。

夏といえば、紫外線、冷房からくる冷え。

寒い時、暑い時、その場、その場で急な温度変化を調節できる

便利なアイテムは?と聞かれて真っ先に頭に浮かぶのは、羽織や巻物ですが、

素材選びも重要です。

夏らしく、清涼感があって、着心地のいい代表的な素材といえば、

やはり、麻(リネン)ではないでしょうか。

ということで、今日は麻(リネン)についていろいろと調べてみました。

麻にもいろいろな種類がある

「麻」と一言でいっても実は麻にはいくつか種類があります。

リネンと呼ばれるものは、亜麻(あま)です。

ほかには、ラミー(苧麻)、ヘンプ(大麻)、ジュート(黄麻)などがあり、

日本で古くから麻といえば、ラミーやヘンプのことで、着物などにも使われていたそうです。

また、よく見かけるコーヒー豆が入っている麻袋はジュート(黄麻)になります。

ラミー(苧麻)は、リネン同様に服地にも使われる素材で、リネンより安価で

シャリ感が強いのが特徴です。

そして、現代の服地やシーツなどの高品質素材として扱われているのはリネン(亜麻)です。

品質に合わせていろいろな使われ方があるんですね。

リネンの良いところ!

  • 通気性がよい。
  • 吸水性がある。
  • 洗えば洗うほど丈夫になる。
  • 光沢がある。
  • 速乾性がある。



リネンを着よう!

リネンの利点をみてみると、汗を吸ってくれて、速乾性もあって、通気性もばっちり。

おまけに、お洗濯にも強い素材でお手入れも楽。

そして、リネンの繊維そのものに自然の殺菌効果も備われているため、

ヨーロッパではキッチンクロスといえば、昔から必ずリネン素材なんだそうです。

なるほど、理にかなっていますよね。

知れば知るほど、やっぱり夏はリネンなんだなぁと改めて思いました。

さぁ、これからが、夏本番!

リネンを着て、快適な毎日を過ごしましょ♪