EEL 一覧

待ちきれません、この季節。

クリスマス、お正月が過ぎれば、待ち遠しいのは桜の季節。

今はまだ蕾も固い気候ですが、日差しの暖かな日中は、

インナーを暖かく、さっと羽織って外に出て、一足お先に春を装うのもいいもんです。

EEL (イール) サクラコート

 

EEL (イール) サクラコート

 

EEL (イール) サクラコート

EEL(イール) サクラコート

 

EEL (イール) サクラコート(藍を込めて2017ver.)

 

EEL (イール) サクラコート(藍を込めて2017ver.)

EEL(イール) サクラコート(藍を込めて2017ver.)

定番のサクラコートはブルー、ウォルナット、ベージュの3色でご紹介。

ハリのあるホースクロスと、内側の生地の縮率の違いでふんわりとした経年変化をお楽しみいただけます。

襟に付いたチンストラップを留めて、裾を開いて着るとまた印象が変わります。

そして今年は2年に一度のお楽しみ。

ヘリンボーン生地にインディゴ染めを施した『藍を込めて』も登場。

馬布生地とはまた違う、クッタリとした柔らかな生地に、フレンチワークの様な美しいインディゴの風合いも魅力。

またインディゴ染めならではのアタリや色落ちも楽しみの一つで

さらに今年は糸の番手を太くしヘリンボンのピッチも幅広くすることで、

色落ちが進むにつれ、よりはっきりとしたヘリンボン柄が浮き出るように仕上げてあります。

ボタンや裏地も定番とはまた違う素材を使用。

ちょっと贅沢な限定モデルです。

シンプルですが、目を惹く、やっぱり春はこのコートからですね。

Cotyle EEL


今年もこの季節が一足早くやってきました!EEL & ironari サクラコート

いよいよ明日はクリスマスイブで超happyという感じですが・・・

今年もEEL、ironariからは一足早く、

春の訪れを伝える、このアイテムが届きました。

 

EEL(イール) サクラコート

EEL(イール) サクラコート

 

 

今年は2年に一度のインディゴバージョン、『愛を込めて』もリリース。

 

EEL(イール) サクラコート(藍を込めて2017ver.)

EEL(イール) サクラコート(藍を込めて2017ver.)

 

そしてironariからも今や定番となったノーカラーバージョン。

 

ironari(イロナリ) ノーカラーサクラコート

ironari(イロナリ) ノーカラーサクラコート

 

ノーカラーサクラコートは新色にオリーブ、そしてさらにメンズサイズも加わりました。

 

ironari(イロナリ) ノーカラーサクラコート

 

この独特なシルエット、デザインを着てみたかった男性の方もきっと多いはず・・・

 

 

詳細はまた後日改めて。

まずはストアページをゆっくりご覧いただいて、

今年はどの色、どの形にするか、悩んでみてくださいね。

それでは素敵なクリスマスを・・・☆

 


見上げてごらん 『EEL(イール) オリオンコート』

 

CURLY(カーリー) RAFFY RIB TROUSERS

 

CURLY(カーリー) RAFFY RIB TROUSERS

 

CURLY(カーリー) RAFFY RIB TROUSERS

 

CURLY(カーリー) RAFFY RIB TROUSERS

 

CURLY(カーリー) RAFFY RIB TROUSERS

 

EEL(イール) オリオンコート

 

オーロラマンコート、エレベスト、と並ぶEELの冬の3大アウターの一つ、

シンプルな中にも可愛さがあり、上品で凛とした美しさを持つ・・・

北斗3兄弟で言うと次男、トキのような存在、『オリオンコート』

ここ数年は毎年、大きな変更もなく、EELから自信をもってリリースされているこちら。

表地にはカシミア混のタスマニアウールを使用。

しっとりとした滑らかな肌触りで、見た目にも上品さを感じられる素材感です。

少し大きめのフードに、程よく広がりのあるAラインシルエット。

ボタンをトップまで留めれば、どこか可愛らしさも感じる雰囲気に。

ボタンは高級な水牛ボタン、内側の身頃にはコットンのヘリンボーン生地、

袖裏にはキュプラ100%の生地を使用し、袖通りもスムーズに。

デザインだけではなく、着心地や細かいディティールにももちろんEELらしいこだわり。

オーロラまでは見に行けませんが、街の中へのお出かけや通勤、通学、日々の暮らしの中で、

ふと冬の空を見上げ、オリオン座を探してみるには丁度良い、そんなコートです。

 

Coordinate
botoms : CURLY(カーリー) RAFFY RIB TROUSERS


EEL(イール) ショウワコート

EEL (イール) ショウワコート

 

EEL (イール) ショウワコート

 

 

EEL (イール) ショウワコート

 

 

EEL (イール) ショウワコート

 

EEL (イール) ショウワコート

EEL(イール) ショウワコート

 

EELの新型コート、その名も『ショウワコート』
昭和の文豪が着ていたコートをイメージソースにした、なんともシックな風合い、
そしてざっくりとしたややオーバーサイズ気味の雰囲気のあるロングシルエットが特徴。
素材にはコットンとウールの混紡素材でしあげた生地を使用。
少し毛羽たちもありながらも滑らかで、鈍い光沢感がまた渋い雰囲気。
チェスターコートのディティールに着丈は少し長めに。
ウール地のゆったりとしたパンツとタートルネックでよりシックなコーディネートに仕上げて
お気に入りの本と一緒に、冬の海辺を散歩してみました。

Cotyle EEL

 

Coordinate

Tops:pyjama clothing(ピジャマクロージング) TURTLE


EEL (イール) エレベスト

 

 

EEL (イール) エレベスト

 

 

EEL (イール) エレベスト

 

 

EEL (イール) エレベスト

 

 

EEL (イール) エレベスト

 

 

EEL (イール) エレベスト

 

EEL(イール) エレベスト

このエレベスト、最後にリリースされたのは3年前。

もっと長い間会えなかったような。。

実は毎年、冬の展示会の前はEELさんに『今年はエレベスト出ますか?』なんて聞いていたほど

リリースされるのを楽しみにしていたアイテム。それはきっと僕だけではないですよね。

さて、3年の沈黙を破り、満を持しての再リリースとなったエレベスト。

サイズ感と生地をアップデート。

生地には程よく厚みのあるワッフル織りのウール素材を使用。

柔らかでどこか上品さのある表情が特徴です。

中綿もしっかりと詰めてあり、保温性はもちろん、ダウンまでのボリュームが出ないのですっきりとした印象に。

形とバランスにこだわったフード部分は脱着も可能でスタイリングに合わせて変化をつけることも。

世界一高い山「エベレスト」にちなんで最高峰のベストをつくるということで命名されたエレベスト。

以前までのエレベストの特徴はそのままに、より洗練された雰囲気になって帰ってきた

エレベストをぜひコーディネートでお楽しみください。


Today’s Coordinate

僕が大好きで尊敬する先輩、お二人にモデルをお願いして

コーディネートの撮影をさせていただきました。

 

otoko01

EEL(イール) エレベスト

Jackman(ジャックマン) Waffle Midneck

FUJITO(フジト) Acer Denim Jeans

 

otoko02

GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS(ガーメントリプロダクションオブワーカーズ) EQUIPAGE COAT

KLASICA(クラシカ) AKI

GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS(ガーメントリプロダクションオブワーカーズ) FARMER’S TROUSERS DECONSTRUCTION

 

こういう洋服のモデルはほとんど経験がないという事でしたが…

やっぱり男の中身が着こなしに現れるというか、似合います!

otoko03

BARBOUR(バブアー) Bedale SlimFit

Jackman(ジャックマン) Waffle Midneck

 

otoko04

EEL(イール) ショウワコート

nisica(ニシカ) ボタンダウンシャツ

GRAMICCI(グラミチ) FLEECE NARROW RIB PANTS

 

普段男性モデルを僕が撮影する機会がないので、

貴重な経験になりました。

 

でもなんだかんだ言って

撮影が終わった瞬間に見せる素の姿や

リラックスした笑顔がいちばんカッコよかったりします。

 

otoko05

 

otoko06

 

白川さん、小山さん、

ありがとうございました!またお願いします!


EEL Auroraman Coat W

 

 

 

EEL (イール) オーロラマンコートW

 

 

EEL (イール) オーロラマンコートW

 

 

EEL (イール) オーロラマンコートW

 

 

EEL (イール) オーロラマンコートW

 

 

EEL(イール) オーロラマンコートW

EELを代表する冬のアウターといえば『オーロラマンコート』『オリオンコート』『エレベスト』

その中でも最も防寒性の高いアウター、オーロラマンコートがバージョンアップして今年は登場。

素材には洗いをかけることで少しクッタリとした風合いになったウールメルトン生地を採用。

サイズ感もやや肩回りを大きく、オーバーサイズ気味なシルエットに仕上げることで、

生地の風合いと相まって今までのオーロラマンコートよりも少し落ち感のあるような、柔らかな印象になりました。

このコートの顔であるハンドウォームポケットにフラップ付きのポケットのデザインはそのままに

ボタンを留めていたレザーのループはあえて無くすことですっきりとした表情に。

また裏地はボアからキルティングになることでより滑りが良く軽い着心地に。

いままでの3.0バージョンはどこかがっしりとした『剛』なイメージと着心地があり

それに少し『柔』の要素を加え、洗練させ、より今を感じるバランスに仕上げたWバージョン。

ぜひお店で実際にご覧になってみてください。

ONLINE STOREでももちろんご紹介しています。

Cotyle EEL


ファクトリーブランドのプライドとこだわりがここに。

とある方からのお話によると、今週、来週あたりから

いよいよ本格的に気温も下がりだし、心地よい秋の気候が訪れるそうな。

秋冬もの、気になるけどまだちょっとニットは早いしアウターも・・・

なんて方も多いでしょう、そうでしょう。

 

そんな方にもオススメな、まずこれなんかどうでしょうな一枚をご紹介。

Jackmanのヒット作、今や定番となったこのプルオーバーです。

 

Jackman (ジャックマン) Waffle Midneck / ワッフルミッドネックプルオーバー

Jackman (ジャックマン) Waffle Midneck / ワッフルミッドネックプルオーバー

 

素材はJackman自慢の旧式の編み機でしっかりと編まれた、ビッグワッフル生地。

ボコボコっとした大きなワッフル地は表情があり、柔らかく、伸縮性もあり

そして程よいボリューム感。そう、まるでニットみたいですよね。

 

Jackman (ジャックマン) Waffle Midneck / ワッフルミッドネックプルオーバー

 

でもこちらは何といっても素材がコットン100%。

お家で洗濯できちゃうので、ガンガン、デイリーに着れます、洗えます。

 

ビッグワッフルをベースに袖口と裾、そして少し立ち上がった首元には畝のあるリブを配置。

これが全体をぐっと引き締める効果あり。

 

Jackman (ジャックマン) Waffle Midneck / ワッフルミッドネックプルオーバー

 

そう、そしてこの首元の微妙に立ち上がったミドルネックもクルーネックと比べると

どこか落ちつきがあるというか、大人っぽい雰囲気になるんです。

 

Jackman (ジャックマン) Waffle Midneck / ワッフルミッドネックプルオーバー

 

サイズ感は身幅は程よくゆったりとしていますが、着丈は若干ですが、短め。

男性モデルでサイズMだとすっきりと、サイズLだとゆったりと。

『男は黙ってジャストサイズ!』

でも

『やっぱり最近のトレンドはちょっと緩めだよね!』

でも

お好みでサイズをお選びください。

 

Jackman (ジャックマン) Waffle Midneck / ワッフルミッドネックプルオーバー

 

カラーは真っ白ではなく、少し黄みがかった白が馴染みやすいアイボリー、

そしてシックにきまるダークネイビーのベーシックなカラーに加え、

絶妙な中間色のベージュも登場。

このベージュなんてサラッと着こなしちゃうと大人の余裕を感じます。。

 

FUJITOのデニムで合わせるもよし、

Jackman (ジャックマン) Waffle Midneck / ワッフルミッドネックプルオーバー

 

人気のグレーのパンツで合わせてもよし、

Jackman (ジャックマン) Waffle Midneck / ワッフルミッドネックプルオーバー

 

Jackmanと言えばのスウェットパンツで合わせるもよし。

Jackman (ジャックマン) Waffle Midneck / ワッフルミッドネックプルオーバー

カジュアルにもキレイ目にも幅広く使っていただけます。

 

秋には一枚ではもちろん、シャツをインに合わせてニットライクな着こなしも。

冬場はダウンベストやアウターのインにも丁度良い厚み。

そしてコットンなので春まで着れちゃう。

大人気の理由が分かる、便利な一枚です。

 

Jackman (ジャックマン) Waffle Midneck / ワッフルミッドネックプルオーバー

 

ファクトリーブランドならではのプライドを持ったモノづくり。

それによって生まれた確かな品質。

派手さはありませんが、その分Jackmanのアイテムは着て頂く方に

必ず安心と満足を味わっていただけると思います。

そんなJackmanの良さが詰まった一枚ですので、ぜひお試しください。

Cotyle Jackman


 

0918_10

 

3連休の中日。

今日は朝から、雨。時々雷も。

あいにくのお天気です。。

 

そんな空模様の中、ご来店くださったみなさま、

ありがとうございました!

 

蒸し暑い一日でしたが、秋モノに触れていただけて、

嬉しかったです♪

 

今日のすなっぴん。

秋の休日スタイル。

さっそくEELの冬の砂浜デニムを穿いていただいております。

 

 

 

0918_5

 

使い込んでくったりとしたMARINEDAYのレザートートに

ニットキャップですっきりまとめて。

自然な感じでありながら、計算された色使い。

いい感じですよね。

 

0918_3

 

秋のおしゃれ、今の時期しかできないおしゃれ、

どんどん楽しまなくては!

 

明日は3連休最終日。

新入荷アイテムもご紹介しておりますので、

ぜひ、遊びにいらしてくださいねー♪

 

0918_2


EEL (イール) サクラコート

本格的な冬の到来を前に、今年もこの花が咲きました。

EELからサクラコートが届きました。

 

EEL (イール) サクラコート

 

今季は新色としてベージュが登場。

淡くて優しい色合いはサクラコートの雰囲気をより柔らかいものに。

 

EEL (イール) サクラコート

 

EEL (イール) サクラコート

 

もちろん定番カラーの2色もあります。

 

落ち着きのあるウォルナット。

EEL (イール) サクラコート

 

そしてやっぱりサクラコートと言えばこの色のブルー。

EEL (イール) サクラコート

 

使うごとに、洗うごと縮率の違いによって

ふっくらとした風合いの増すこの生地もサクラコートの楽しみの一つ。

そして首元のチンストラップの使い方でまた表情が変わるのも面白いポイント。

 

今の季節はインにニットやインナーダウンをしっかり着込んで、

暖かくなるごとに、薄手のニット、シャツ、カットソー、Tシャツ・・・と

インナーを変えていきながら、桜の咲く季節までじっくりとお楽しみください。

EEL (イール) サクラコート

Cotyle EEL

 

 

 

 

 


1 2