アクセサリー 一覧

KLASICA(クラシカ) ARMS のちょっとイイ話。

KLASICAからも新シーズンアイテムが届いております。

その中で今日ご紹介するのはKLASICAのアイテムの中でも人気の高いアクセサリー。

CotyleでもDeee-Ring、NUMBERに次ぐ定番アクセサリーとなってきた

シルバーリング『ARMS』です。

 

KLASICA(クラシカ) ARMS

KLASICA(クラシカ) ARMS

 

シルバーのボディに真鍮のメダルをはめ込み、赤いクロスの刻印を入れた

KLASICAらしい、シンプルながら個性のあるデザイン。

KLASICA(クラシカ) ARMS

存在感のある大きさに滑らかな曲線が美しく、アンティークな雰囲気が漂います。

KLASICA(クラシカ) ARMS

 

さて、ここで注目して頂きたいのがこの所謂リングの石の部分。

はめ込まれたメダルがちょっとくぼんだ様になっていますよね。

KLASICA(クラシカ) ARMS

これがポイントと言うか、なんちゅーか、本中華・・・

実はすごいことなんです。

 

KLASICAがこのデザインを発表した際、アクセサリーの専門家に言われたそうなんです。

普通、指輪というと、石の部分が必ず膨らんでいるというか、

リングの輪っかに対して出っ張ってますよね?

 

こんな感じで、石の部分は膨らんでいます。

KLASICA(クラシカ) ARMS

 

でもARMSはご覧いただいた通りくぼんだデザイン。

KLASICAのデザイナーはそこまで意識していなかったようですが、

アクセサリーの業界ではまさにタブー。

 

リングに対して石が中に入り込んでいるというのは、常識を覆すデザインだったそうです。

 

そう聞くと、なんかこのデザインがさらに輝きを増すというか

ドキドキしちゃいます。。

ついつい自慢したくなっちゃいます。

 

そんな話題作りにもピッタリなARMS。

もちろん男女問わず着けていただけて、どんなスタイルにも合わせやすいリングです。

 

KLASICA(クラシカ) ARMS

 

今からの季節、シンプルなコーディネートになってしまいやすいので

アクセサリーは必需品ですから。

KLASICAのARMS、オススメです。

 

他にもKLASICAからは定番のシャツ、SH-017やクロップドパンツ、WYATTなどが

届いていますので、是非そちらもご覧ください!

Cotyle KLASICA


キカガクテキ

1218_13

 

「幾何学」という文字をみると、なんともいえない感覚になります。

なんとも例えようのない感じ。。

「摩訶不思議」の摩訶という文字も、同じ感覚。

なんとなく、わかっていただけますでしょうか。

 

それは、さておき、

今の時期にはちょうどよい、アクセサリーたちが入荷してきました。

例えば、こちらのシンプルなバングルは、普段使いにもぴったり。

さりげなくて、華奢で、女性らしさがアップします。

 

1218_15

 

WE SEE STARS(ウィーシースターズ) Diamond Bangle

 

1218_16

 

 

三日月がモチーフのネックレスや、レザーペインティングのピアス。

無地とドット&無地とストライプ。

アシンメトリ的な付け方もかわいいですよね。

 

1218_11

 

 

モノトーンベースで、陶器をつかったパーツや

多面カットのビーズなどを使用したネックレスなども、

おすすめです。

 

1218_12

 

WE SEE STARS(ウィーシースターズ) Whimsy Beaded Chain

 

普段にさりげなく、身につけられるアイテムたち。

ぜひ、じっくりじっくり、チェックしてみてください。

 

WE SEE STARS(ウィーシースターズ)

 

WE SEE STARSは2011年にErica Savardによって立ち上げられたブランドで、

ニューヨークのブルックリンにてハンドメイドで作られています。

古典的な形状と質感を取り入れ、現代風に仕上げているジュエリーラインで、

ジュエリーの設計のほとんどがロストワックス法によって鋳造されています。

過去の豊さを認めながらも、絶えず前進して新しい外観を作成するため、

ヴィンテージチェーンやビーズを使用し、レザーや天然石、

現代のパーツと組み合わせている作品が中心。

各デザインはバウハウスの校舎のデザインや、ナバホ砂絵画、

古代から伝わる幾何学的図形により、生み出されています。

 

 

1218_14

 

今日も朝から寒い1日でした。

寒くなったからといって、お家にこもりきりになるのはNO.NO.NOですっ。

コタツでぬくぬく。も、もちろんいいけれど、

おしゃれしてお出かけしたら、

きっとあたたかい出会い、きっとあたたかい気持ちになるはず。

その気持ちを忘れずに、クリスマスに忘年会に年末に

楽しみましょう。

 


冬アクセ

 

 

もう1ヶ月きりましたね、

クリスマスまで!

マチナカではいたるところでイルミネーションをみかけることが

多くなってきて、そろそろだなぁ、なんて。

クリスマスのプレゼントで毎年人気なのは、

男性から女性へ、アクセサリー。

もちろん、ご自分へのご褒美も多々です。

 

 

1129_12

 

CERASUS(ケラスス) Pearl cross ネックレス

 

1129_14

 

 

1129_11

 

CERASUS(ケラスス) Pearl cross Long ネックレス

 

1129_15

 

 

CERASUSのウィンターシリーズ。

クロス&パール

ピアス、ネックレス、ロングネックレス。

どのアイテムも、ツボにはいってしまうと、欲しくなるものばかり。

 

 

1129_17

 

CERASUS(ケラスス) Pearl cross ピアス

 

1129_18

 

クリスマス会、忘年会、同窓会、お誕生日会

12月も「会」ラッシュ。

落ち着いている今のうちに、いろいろと準備。ですね。

 

 

1129_20


CERASUS 10th

1年が10回で10年。

100年は、 10年が10回。

10年って、長いようで短く、短いようで長い。

 

CERASUSは2015年で、10年を迎えます。

Cotyleオープン時から、

ずっとお世話になっているブランドのひとつ。

 

10年という時を経て、今シーズンは、時をテーマに。

素敵なアイテムが届きました。

 

0727_11

 

CERASUS(ケラスス) Clock work フリンジネックレス

 

 

アンティークの時計の針や歯車のパーツを用いたネックレス。

ラインストーンやCERASUSのロゴプレートもプラス、

時計の針が、フリンジのようにみえるデザインは、

CERASUSらしい、ヴィンテージ感のある仕上がりに。

 

同シリーズのピアスも。

繊細さがまた魅力的です。

 

0727_15

CERASUS(ケラスス) Clock work フリンジ ピアス

 

 

そして、こちらは

ヴィンテージ時計の地板を真鍮でかたどったパーツをあしらったネックレス。

 

0727_12

CERASUS(ケラスス) Clock work Long ネックレス

 

コーディネートにさりげなくなじむデザインでありながらも、

存在感があり、クラシカルな雰囲気が漂います。

ヴィンテージ感のあるなんともいえない古美色が素敵です。

チェーンのデザインや、留め具も、ヴィンテージ感のあるデザイン。

 

 

0727_14

 

10年まえ、どんな事考えてたかなぁ。。とか

10年さき、どんな風に、なにをしてるかなぁなんて。

それぞれの10年に思いを馳せてみるのも、いいかもしれないですね。

 

—————————————————————————–

CERASUS

どこか懐古的で手の温もりを感じさせるアクセサリー。

素材は真鍮が中心で、使い込むほどに味わいが深まります。

原石のままのルースや、錆びたもの、枯れた色。

そこにあるものをそのまま表現したコレクションは無骨さと繊細さが共存しています。

時の経過とともに愛情が深まっていく物創りです。

 

CERASUS(ケラスス)

 

 


CERASUS

0511_11

夏らしいといえば、CERASUSより、涼しげなアクセサリーが

到着しました。

CERASUS(ケラスス) Green paint ネックレス

 

ここ最近、本当に夏を思わせる陽気ですね。

紫外線の強さが、ひしひしと体に伝わってきます。

毎年のことなのですが、日焼け対策は、出遅れてしまいがち。

早い方なら3月頃から、なんなら一年中紫外線対策を

しっかりされている方もいらっしゃいますよね。

見習わなくては、と思いつつ、まだ大丈夫かな。。と

のんきに過ごしてしまうタイプです。

しっかり日焼け対策をして、夏らしいスタイリングを楽しまなくては。

続きを読む