スポーツサンダル特集!『Chacoの巻』

6月に入り、Cotyleのある近畿地方も本格的な梅雨入り。

毎日ジメッとした少し不快なお天気が続いていますが、

梅雨が明ければいよいよ夏本番、楽しい季節が待っています。

そんな夏のコーディネートの足元に、

やっぱり今年も注目はスポーツサンダルではないでしょうか!

とは言えスポーツサンダルって普通のサンダルとはどう違うの?

なんていう方もまだまだ多いのでは・・・?

スポーツサンダルは元々、屋外レジャー向けに作られたサンダルなので、

まず滑りにくく、またソールが厚いので疲れにくいという特徴があります。

そしてストラップを多く使用することでフィット感が高く、

足首などもしっかりとホールドするので走ったりしても脱げにくくなっています。

普通のサンダルだとどうしても脱げやすかったり、

長時間歩くと疲れたり、雨の日には滑りやすかったり・・・

というデメリットを見事にカバーするのがスポーツサンダルなのです。

さらに機能的かつシンプルなデザインはコーディネートにも馴染みやすく、タウンユースでも大活躍。

スニーカー感覚で安心且つおしゃれに履けちゃうサンダルなんです。

Cotyleでも今年はたくさんの種類のスポーツサンダルをご用意しました。

その中でも今日はまず『Chaco(チャコ)』をご紹介します。

chaco01

Chacoは1998年、アメリカ人の靴職人でマーク・ペイジェンが設立したブランド。

自らの靴職人としての経験と知識を活かして最初に作ったサンダルが評判を呼び、

口コミによって人気が拡大、近年一気にトレンドにのし上がったブランドです。

Chacoの特徴はなんといってもストラップの形状で、これ実はすべて一本で繋がっています。

それによって全てのホールド部分が調整でき、自分の足にフィットさせることが可能なんです。

chaco02
またトレイル用に開発されたソールもポイントで、Chaco独自に開発した、

トラクション性、グリップ性の高いCHACO GRIPをはじめ

ビブラムプロソールやリサイクルラバーを使用した軽量のエコトレッドソールなど

用途に合わせたソールが充実。

chaco03

ホールド力やフィット感、安定感のある履き心地を重視するならまずはChacoがオススメです!

またストラップのデザインやフットベットもバリエーションが豊富で、ベーシックなオープントゥデザインのZ1モデルから、

chaco04
親指部分にループが付いたより安定感・機能性のあるZ2モデル、

chaco05

ストラップが2本にすることでより細かいフィット調整が可能なZXモデル、

chaco06

フットベッドの形状はそのままに抗菌防臭加工処理が施され、さらにクッション性を高めたZ CLOUDシリーズなど・・・

chaco07
たくさんの種類から、履く人それぞれの重視するポイントによって選ぶことができます。

マジックテープなどを使用せずに、繋がった一本のストラップのみのシンプルなデザインは

機能性はもちろんのこと、見た目にもとてもクール。

ソックスを合わせたコーディネートもぴったりとハマります。

スポーツサンダルが初めて!という方にもオススメで、Cotyleでもメンズ、レディースともに

たくさんのモデル、バリエーションをご用意しました。

ぜひじっくりと自分に合ったマイチャコをお選びください☆

chaco09

Cotyle Chaco(チャコ)

他のスポーツサンダルも一気にご覧になるにはこちらからどうぞ
Cotyle Sports Sandal
chaco08

ちなみに僕も今シーズンはフィット感と履き心地重視のマイチャコを一足選びました。

どのモデルにしたでしょうか・・・気になる方は店頭で(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする