Lin francais d’antan(ランフランセダンタン) 一覧

Lin francais d’antan *Salvador

晴れたり雨が降ったりの、忙しいお天気でしたが、

お昼間は、ポカポカ陽気の日も多く、日も長くなって、春を実感します。

本格的な衣替えもそろそろ。

春らしいおしゃれを楽しみたいですね。

Lin francais d’antanからも、シンプルなトップスに合わせるだけも

雰囲気のある人気の定番Salvadorが到着しました。

 

 

 

0302_3

 

Lin francais d’antan (ランフランセダンタン) Salvador

 

0302_9

coodinate item

Charpentier de Vaisseau(シャルパンティエ ドゥ ヴェッソ) Middle Stripe

LEUCHTFEUER(ロイフトフォイヤー) HOOGE

 

 

0302_4

coodinate item

mao made(マオメイド) ワッフルコットンニットプルオーバー

 

0302_11

 

 

0302_2

 

0302_8

 

 

0302_1

 

0302_7

春はブラウスやジャケットに、

夏はTシャツやノースリーブのブラウスなどに、

幅広いコーディネートに活躍します。

 

Cotyle_Lin francais d’antan

 

0302_6

 


Lin francais d’antan

0203_10

 

2017春夏より、Cotyleで新しくお取り扱いがスタートした

Lin francais d’antan  -ランフランセダンタン-

 

フランス語で 「 古き良き ・ 往年の麻 」 という意味。

時を経ても変わることない上質な素材との出合いから。

年齢や体型にとらわれることなくどんな人にも自分らしく着て欲しいという

願いが込められています。

 

岡山の力織機でつくられたコットンを使用したアトリエシリーズがはじまり。

アトリエの作業で、こんなのがあれば良いな、というところから生まれたシリーズ。

ワークテイストがありつつ、どんな体型の方にも着ていただきやすいもの。

ほぼフリーサイズ展開で服の上から作業着として着るようなイメージのサイズ感で

展開しています。

 

そんなLin francais d’antanより、到着した人気の定番ワンピース.

 

 

 

0203_7

Lin france dantan(ランフランセダンタン) Meurent

 

 

 

0203_2

 

 

 

0203_3

 

 

 

0203_8

 

 

 

0203_4

 

 

 

0203_5

 

 

一度に少量しか織り上げることができない力織機を使用して丁寧に織られたコットン素材。

程よいハリと、密にきめ細かく織られていることで、とてもなめらかで、

やわらかな肌触りが特徴です。

フロントには小ぶりなボタン、ウエストにはゴムが入り、

たっぷりのギャザーが寄るゆったりとしたドルマンスリーブのシルエット。

バランスのとりやすい7分袖に仕上げ、袖口にはギャザーを施した

ふんわりとしたシルエットが女性らしい印象に。

 

肩のラインが気にならないドルマンスリーブ、ウエストをゴムにすることで、

幅広いサイズに対応するサイズ感に仕上げているのもポイントです。

一枚ではもちろん、インナーを調節したり、ゆったりとしたカーディガンや

ボレロなど重ね着をして、シーズンレスで着回しがきくのも嬉しいポイントです。

 

着ていくたびにやわらかさが増し、アタリがでて味わい深くなる風合いもたのしみながら

長く着ていただけるワンピースです。

 

Cotyle_Lin francais d’antan